小倉北区竪町の【整骨院とっぱ】の紹介サイトです

交通事故とスポーツ外傷に強い整骨院, 夜九時まで診療

あなただけの治療法で身体のお悩みを解決します!

【整骨院とっぱ】はあなたの「状態」を診て確かな改善ができるような治療プログラムをたてます。

人の身体は100人いれば100人の状態があります。スポーツ外傷はもちろん、腰痛、肩こりさらに交通事故の怪我は実に100通りの治療法があります。

当院ではどのような方法(技術)と施術の量、治療のペースが最適なのかを考えます。     

こんな悩みと不安はありませんか?

Attention0.png運動中の怪我が治らずに長引いている
Attention0.png一日も早く競技に復帰したい
Attention0.pngチーム、パーソナルのトレーナーがいまいちで信頼性がない
Attention0.png関節をひろげるストレッチを取り入れたい

girl32.png
交通事故の場合

Attention0.png頭痛や吐き気が頻繁におこる
Attention0.png事故の直後は大丈夫だったけれど、次第に痛みや違和感を感じるようになった
Attention0.png首や腰に張りや凝りを感じ、脱力感があり食欲がない
Attention0.png総合病院へ通っているが、長い時間待たされて牽引と貼り薬だけだった
Attention0.pngレントゲンでは異常が無いのに痛みや違和感に悩まされる
Attention0.png保険会社からの示談金が少ない、過失割合に納得がいかない
Attention0.png保険が使えるのか、保険会社とどう交渉していいか分からない

その痛みや悩み、まだ我慢しますか?
今すぐこちらをクリック↓
468/60.gif468/60.gif

phonegirl.png
通話料は無料です

事故後、我慢や泣き寝入りしないための方法とは?
くわしくはarrow.pngこちら

top2.jpg

News

【整骨院とっぱ】は

スポーツ障害、外傷の治療はもちろん交通事故後遺症の治療にも力を入れています。

また、お子様の怪我の発生の原因となる足の長さの違いの測定もいたします。足の長さの違いはお子様の怪我の原因や、普段の姿勢が悪くなったり、背骨が歪んだりします。

この足の長さからくる姿勢の状態を無料で見させていただきます。

ギラヴァンツ北九州の依頼による「サッカーを活用した体力づくり講座」の体幹トレーニングも講座も定期的に担当しています。

2016年は1月23日に若松球技場(福岡県北九州市若松区響南町5)で開催されました。
くわしくはギラヴァンツ北九州公式サイトでご確認ください

Information

平日は夜九時まで。平日お忙しい方は土曜日においで下さい。

ご予約をいただければ時間外の診療もしていますので、突発的な怪我や痛みはもちろん、運動中におきた怪我などのスポーツ外傷や交通事故後の痛み、また突然ののぎっくり腰、肩こりや腰痛の痛みと闘っている方の強い味方です。

ご予約された方は優先的に施術いたします。

当院は交通事故治療とスポーツ外傷治療にとくに強い整骨院で、プロスポーツ選手のパーソナルトレーナーも行なっております。

小倉北区で唯一「全国交通事故認定治療院」に認定されています。

整骨院では総合病院などと同じで健康保険の適用が可能です。怪我をしたらまずは「いつ」「どこで」「どうして」がわかれば保険の適用になります!

地元のかかりつけの院としてご奉仕いたしますので安心しておいでください。

嶋村が考える整骨院えらびのコツ、おしえます
girl43.png

1 店舗の外観が古くさく、一階にあり道路に面している整骨院はちょっと入りづらいですね。でもこんな整骨院は意外と急性期の痛みを早く治すのが得意。

2 駅近やショッピングセンター、スーパーの中にあり、人が多く集まるところの整骨院は軽い肩こり、腰痛など癒し、リラクゼーション系が得意な整骨院。

3 外観がきれいで内装も清潔感がある整骨院はエステやオイルマッサージをしている美容系。

4 高校、大学などの教育関係の施設の近くの整骨院はスポーツ外傷やトレーニングなど運動系が得意。

これらいくつかの混合系は平均的な施術。もちろん技術や施術内容に差異はあるのは当然ですね。

また、つくりがいい加減なホームページや口コミなどの情報は過信しないほうが無難です。

スポーツ障害や外傷も整骨院を利用しよう
girl1.png
スポーツ障害や外傷も整骨院で症状改善!


スポーツ障害とスポーツ外傷についても、整骨院の手技などの非観血的治療はかなり有効です。

普段、日常生活をしている時や、ジョギングやマラソン、また球技などで起きる怪我には急性のものと慢性のとがものがあります。慢性的なものは外傷ではなく障害ということになります。

おもな原因としては、スポーツをすることや日常生活のなかで身体の特定の部分だけを使しすぎることによるオーバーユースが原因です。

そのオーバーユースによって炎症や組織の変性や破綻がおきることで、これは腱や靭帯とその周辺部である関節軟骨組織、関節、さらに骨の組織への過度なしかも反復したストレスによるものです。

整骨院ではスポーツ障害に関しては手術や薬物などは使わず、手技や電気治療などの非観血的治療でアスリートの早期復帰のお手伝いをします。

スポーツ外傷はスポーツにおける急性の怪我であり骨折はもちろんのこと、足をひねったときにおきやすい捻挫などの症状が主なものです。

そして球技におけるボールなどが身体にぶつかったりころんだした際の打撲などです。さらに肉離れやアキレス腱などの腱の断裂や靭帯の損傷などがあげられます。

スポーツ外傷がおこりやすいスポーツとしてまず頸椎損傷や頚部捻挫は球技であるアメリカンフットボールやラグビー。
鎖骨骨折や肩関節脱臼はアメリカンフットボールでおきます。

膝関節靭帯損傷はバレーボールやバスケットボール、ラグビーにおいて、そして足関節捻挫はサッカーで、肉離れは陸上競技や野球で、突き指はバレーボール、バスケットボールなどでおきやすい外傷です。

日頃スポーツに親しんでいない人であってもおきる事の例として、アキレス腱の断裂があります。

普段あまりスポーツに親しんでいない人が草野球や運動会などでがんばりすぎた結果に発症するケースです。

runners_short.jpg

スポーツ障害ですがこれは使いすぎることがおもな原因です。

これはすでに成長した人やスポーツ選手や熟練したアスリートのみならず成長途中の若年層である少年少女にもおきます。

このスポーツ障害は障害であるのもかかわらずスポーツ外傷とされてしまいがちである疲労骨折があります。この疲労骨折は急性の骨折とは違い身体の特定の部分に反復した負荷がかかることで発症します。

つまり骨組織の結合している部分の中断から骨折にいたるというものです。発生部分としてはジャンプをくり返すバレーボールやバスケットボールにおきます。

また短距離走やサッカーなど、競技中に疾走をくりかえすスポーツアスリートの下肢の荷重骨や腓骨、大腿骨や骨盤などですがとくに頸骨にその発生が多いようです。

この症状は主に疼痛ですが診断が難しいケースもあります。疲労骨折の初期段階ではエックス線による視認では特筆した骨の異常がみられない事が多いので定期的なエックス線による検査が必要です。

この疲労骨折の治療の方法としては、保存療法である程度の休養で回復することもあります。そして骨の骨折線が視認できるときはギプスなどによる固定をします。しかしながら難治性の場合は外科的な手術が必要な場合もあります。